物語ゲームは色あせない。

 PSP, RPG, スクウェア・エニックス, ドラゴンクエスト, 私の考え  物語ゲームは色あせない。 はコメントを受け付けていません。
3月 192016
 

ドラクエ2がスマホで500円で買えるので
いつぶりだろうかプレイした。

没頭するほどでもなく、
ハマるほどでもなく、
それなりに楽しめた。
20年以上も前のゲームが
こうしてリメイクされ、
今の方にも愛されるというのは
「物語」に魅了されるからだろう。

人は物語が好き

やはりゲームにはゴールが必要だ。
永久に続く繰返し系ゲームには
人はいつか飽きる。

『起承転結』

ゲーム会社は頭に入れて置いて下さい。

「チェイン・クロニクル」との絆は築けませんでした。

 スマホ, 私の考え  「チェイン・クロニクル」との絆は築けませんでした。 はコメントを受け付けていません。
3月 192016
 

http://chronicle.sega-net.com/(公式サイト)

キャラとの出会いが物語を紡いでいく
シナリオRPGです。


PSVitaでも出てます。
(評価が低いです)

登場人物が多いらしいし、
主人公に感情移入できなくて、
何だか薄い世界観にげんなりした。
ワクワクドキドキするものが生じないんだ。

「簡単に出会って簡単に別れる」

ごめん、アホらしくて
途中で止めた。

俺がオジサンだからなのかな~?

指先RPG: タップするだけの攻撃って面白いの?

 スマホ, 私の考え  指先RPG: タップするだけの攻撃って面白いの? はコメントを受け付けていません。
3月 192016
 

碧空英雄伝をダウンロードして
少しプレイしてみた。
(無料:アプリ内課金)
グラフィックがきれいでいいのですが、
敵との戦闘がタップするだけの
単純ゲーでした。
しかもシナリオは一方通行で
やらされ感満載だった。

ジャンルを見たら
「指先RPG」でした。
それならばスマホRPGのすべては
指先RPGじゃんか。

こんなものをする時間があるなら
コマンドのある
ドラクエ・FFの方がよほど面白いわ。

速攻でアプリを削除しましたよ。
辛口でごめんな。

パズドラはトンズラ

 スマホ, パズル&ドラゴン, モンスター・ストライク, 私の考え  パズドラはトンズラ はコメントを受け付けていません。
3月 192016
 

パズドラって終わりがないんだよね。
モンストもそうだけどさ。

モンスターを
どんどん強化(進化)させていく
単純作業ゲーだから
「一体いつ卒業できるの?」
って思うのね。

ゴールのないマラソンのようなもの。

「ほんときつくないか?」

パズドラは毎日ログインすれば
ボーナスポイントがもらえるけど
それって“中毒性”を煽ってるよね。

一度やらせたら
どんどん課金させて
そいつの資産を食い尽くそうとしてるね。
新手のパチンコだな。

その点ドラクエやFFはエンディングがある。
その過程のドラマが泣けるよね。
しかも課金なしだから
安心してプレイできるよね。

パズドラ、モンストは
なけなしのお金を盗んでいく
トンズラ野郎さ。

今すぐアプリ消去した方が
お前さんの身のためだよ。

なぜアイテム課金にハマる?

 スマホ, 私の考え  なぜアイテム課金にハマる? はコメントを受け付けていません。
3月 192016
 

モンストもパズドラも
ゲームは無料で遊べるけど、
有力なアイテムやモンスターは
買わないといけない。

ガチャガチャって知ってるか?

昔俺が小学生の時に
キン肉マンの消しゴム集めが流行って
(キン消しと呼ばれてた)
それが100円で1度ガチャを回すと
カプセルに入って出てくるの。
何が出てくるかは実際に
回してみないと分からない。
これがハマる奴はハマってしもうて
お金をつぎ込むわつぎ込むわ。
キャバ嬢狂いのオッサンかって。
俺はボンビーだったから
我慢して見てただけ。

それがスマホゲームの中で
ガチャができるの。
ああ、あの心境だろうなぁ。

今でも中高生はお金を持っていないから
欲しくて我慢できない人は
親のクレジットを拝借して
買いまくったらしい。
(一部の人ですよ)
それで社会的問題になった。

「コンプガチャ問題」

と言われているもの。
何種類かのモンスターや
アイテムを揃えないと
特定のモンスターや
アイテムに変身できない。
だから皆さんお金を突っ込む突っ込む。
キン消し・ビックリマンと同じだ。
(仮面ライダーカード?)

ではなぜカネをつぎ込んでまで
特定のアイテムを欲しがるのか?

自慢したからだ。
会話の1つにして盛り上がりたいからだ。

過熱するアイテム課金の裏には
日本人社会の“孤独”が浮彫りにされてくる。

「寂しいんだよ、現代人は」

つながりを求めて
今日もゲームに興じる日本人のために、
1コマの癒しを提供するスマホは
何よりにも勝るアイテムなのだろう。